全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


学校の引越し手続き

就学時の子供が居る場合、引越しは転校する事を意味しています。親しかった友人関係や慣れ親しんだ学校生活を後にして、新たな人間関係を築いていかなければなりませんから、ストレスを感じるのはもっともなことです。しかし、義務教育を過ぎた高校生の場合、転校はさらに厄介な問題になることもあります。

というのは、義務教育ではないので受け入れる学校側も自動的に入学させてくれるわけではないからです。もちろん、所定の手続きを踏んで転出届け等を提出しますが、それ以外に編入試験を受けなければなりません。この試験に合格して初めて転校することが出来るのです。そのため、以前通学していた高校と同レベルの高校に入学するためには、試験前に勉強しなければならず、子供たちにはストレスとなります。

人気の高い学校へ通っていて、引越し先からも通学できそうな場合、そのまま転校せずにいたいと考える場合もあるでしょう。例えば、都立高校へ子供が通学していて、都外の近郊へ転居するなどの場合です。基本的に都立高校は「該当県内に居住している人」を対象としている高校ですが、受験時に居住していた場合は転居しても在学し続けることができます。当然、非常識な範囲から通学するようであれば転校した方がいいかもしれませんが、妥当な範囲で通学できるのであれば、その方がストレスなく勉強ができるでしょう。ただ、人気の高い都立高校の場合は、県外通学者に厳しい目が向けられる場合もあります。

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ