全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


公共料金の引越し手続き

引越しをする際、公共料金の支払いは必須の手続きです。この手続きを怠ると、料金の請求や口座の引き落としが止まらずに大変なことになる場合もあります。

例えば、ある男性は水道局に引越しの連絡をするのを忘れたまま、海外出張に出かけてしまいました。1年間の海外赴任を経て戻ってみると、何と口座から2ヶ月ごとに水道料金が引き落とされていたのです。住んでいませんから水道は使っていないのですが、基本料金はやはり徴収されていたわけです。しかも驚いたことに、その後別の住人が入居したらしく、基本料金の3倍近い料金が引き落とされていたと言うのです。こうなると、経済的にもかなり負担になりますね。この料金が取り返せるかどうか微妙なところですが、水道の使用停止の通知を忘れていると、こうした事態に陥りかねないのです。

さらに、電力会社に関してはインターネットで引越しの通知ができ、支払いも係員に直接支払うことが可能ですが、水道局に関してはオンライン化が遅れています。官公庁ですから致し方ない面もあるのですが、口座振替になっていると日割り計算もできないシステムになっています。ですから、面倒でも水道局まで出向いて日割り計算で支払うことが必要です。

もちろん、新居に入った時も公共料金の手続きを忘れないようにしましょう。電気・水道に関しては、扉にかかっているハガキを投函するだけで使用開始の手続きが出来ます。ガスに関しては立会いが必要ですので、ガス会社に連絡を取るようにしましょう。
 

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ