全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


引越し見積りの算出方法

引越しをする際、多くの方は見積りを取ると思います。以前は引越し業者に電話して訪問見積りを取るという流れでしたがネットが普及したのでネット上で見積りを取れるようになりました。一括で引越し見積りができるサイトも多くあります。

一括で引越し見積りできるサイトでは一度のデータ入力で数社から見積りを取ることが出来るので大変便利です。

引越費用というのは大きな開きがあり、なかなか見当がつかないものです。見積りを取っても、それが高いのか安いのか相場が分からなければ引越業者を決めるのも難しいものです。そこで、この引越し見積りはどのようなシステムで引越し費用を算出しているのか調べてみました。

引越費用で一番大きく占めているのは実費です。基本の運賃は運輸省が定めた範囲内でしか料金を請求することができませんが、実費は法律上定められていない為、上限、下限がありません。実費を具体的に説明すると作業員の人件費、梱包資材の費用、高層マンションなどへ搬入する際に使用するクレーン車などの特殊機械使用料、有料道路使用料などです。

引越し見積りで大きく差がでるのはこの実費の部分なのです。見積りを取った時は実費の割合を調べることがポイントとなります。

休日の引越は平日に比べて割高になります。早朝深夜も割増し料金になりますし、冬季の一定期間は積雪の為に運送に手間がかかるので割増になる地域もあります。

また引越しの作業以外で必要なエアコンの取り外しや取り付け、ピアノの運送や車、バイクの陸送にかかるオプション費用も業者によって様々なので他社と比較する必要があります。

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ