全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


ハウスクリーニング

 引越しの前後につきものの作業と言えば、室内の清掃です。
賃貸物件である場合には、退去後・入居前の清掃は家主が手配してくれます。部屋を「貸してもらった」という債務感覚から、何となく退去時の清掃をマメにやってしまうことがありますが、損得という尺度で言えばあまり意味はありません。「少しでも綺麗に見せて、敷金から引かれる額を減らそう」などとも私達は考えがちですが、経年による汚濁・劣化の修繕は「家賃収入から」捻出されるべきだ、というのが賃貸借の大前提です。掃除をして改善される程度のものは、そもそも敷金から差し引かれるような債務不履行による損害には当たりません(私は猫好きのあまりペット不可の物件に野良猫を上がりこませ、壁にひっかき傷を作ってしまいました。この類が債務不履行による損害です)。
結局のところ、退去時の清掃というのは「礼儀」とか「マナー」に当たるものであって、原則として任意です。
 このことに関連してか、梱包作業とは異なり、引越し業者による室内清掃の代行サービスはそこまで一般的ではありません。分譲マンションや社宅における室内清掃は自己負担となりますが、この場合には、引越し業者のオプションではなく、ハウスクリーニング専門の業者に頼むというケースが多いのではないでしょうか。水周りの清掃はやや億劫になりがちですし、エアコンなど空調機器を分解して清掃するのはやはりプロに任せたほうが安心です。ハウスクリーニングの専門業者の数は引越し業者の比ではないので、それこそ価格比較サイトなどのまとまった情報を駆使して業者を選定する必要があります。

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ