全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


引越しの梱包

引越業者のオプションサービスとして、最もポピュラーなのが梱包作業の依頼でしょう。この梱包作業の依頼に関しては、荷運び以上に、当日の作業員の慣れ不慣れ、あるいはセンスが影響します。第一に、転居先のスムーズな開梱につながる「何をどこに入れたか」がすぐ推測できるような梱包ノウハウ。第二に、モノの性質を理解して適切なところに詰め物・養生を施すことのできるセンス。これらを作業員が持っているか否かが重要になります。とりわけ繁忙期には、業者も新人作業員を大量に募集し、現場へと派遣します。したがって荷主のほうで事前に整理や養生をしておかないと、作業の行く末が「運次第」とになってしまいます。
梱包を依頼する場合、「もとある状態をそのまま移動させること」が業者のミッションですので、搬出前の部屋が未整備ならば、その未整備の状態を「そのまま移動」させます。したがって、このとき何の区別もなくダンボールに荷物が混入されたとしても、一概に業者を責めることは出来ません。また貴重品や作業員に見られたくないものの梱包に関しては、荷主自身での梱包を業者側から催促されます。もしそれをせずに委託すると、盗難を警戒してダンボールにその貴重品を入れたことを記載しない業者もありますので、貴重品がどこにあるのか後々探すことにもなります。ですので、何をどこまでしてくれるのか、どこまで細かい情報をダンボールにラベリングするかなどを見積もり時に確認しましょう。  
値は張りますが、転居先での荷解きまでセットで依頼してしまえば、いくら不慣れ/不真面目な作業員と言えど開梱時の責任も問われます。養生にも注意が払われ、荷物も転居先を再現して配置されるので、「どこに何があるのか不明」という状態はかなり軽減されるでしょう。お金に余裕があれば、梱包から荷解きまでまとめて依頼してしまうことが、要らぬトラブルを避ける知恵かも知れません。
 

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ