全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


自動車免許の引越し手続き

引越しの際には、自動車の免許も記載内容を変更してもらわなければなりません。もちろん、変更しなくても免許自体は有効ですが、記載内容と居住の事実が反するため、虚偽記載になってしまうからです。一応、免許記載内容の変更手続きをしない場合には1万円以下の罰金が科されることがあるようです。また、免許更新のお知らせなども免許記載の住所を基に送付されますので、知らないうちに免許更新期間が過ぎていた…なんていう事態にもなりかねません。さらに、万が一、交通規則に違反した場合、警察署に呼び出されることがありますが、これも旧住所を管轄している警察署に呼び出されることになります。遠方に引越してる場合は非常に面倒なことになりますね。こうした不便や罰則があってもなくても、自動車免許証は身分証明書として頻繁に使いますので、常に正確な情報を記載しておきたいものです。

ただ、引越しの際の忙しさによって、免許記載内容の変更手続きを忘れてしまいがちなのも事実です。そこで、引越したらすぐに免許更新をできるようにしておくと良いかもしれません。その点で役立つのが消印付きの郵便物です。引越す前に、自分の新住所宛にハガキなどを出しておくわけです。警察や免許センターで必要な「居住を証明する書類」には住民票や公共料金の支払い記録と並んで消印付きの郵便物が含まれていますので、この取り決めを利用するわけです。事前にハガキを出しておけば、引越した次の日には免許の情報を更新できるわけです。
 

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ