全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


ガスの引越し手続き

引越しの際、ガスの使用中止手続き、使用開始手続きを行いますが、幾つか注意すべきことがあります。

まず、最も大切なのはスムーズにガス使用を移行できるようにすることです。現在、多くの家やアパートでガスを使用した給湯器が普及しているため、ガスが来ないとお湯が使えない状態になってしまい、お風呂に入ることも出来なくなってしまいます。このブランク期間を作らないためにも、閉栓、開栓の通知は早めに行いましょう。特に開栓に関しては、必ず立会いが必要になるため、早めに連絡しておく必要があります。3月から4月の引越しシーズンに当たると、開栓手続きが間に合わない事態も考えられるからです。

また、ガスの器具に関しても注意が必要です。都市ガス用のガス機器とプロパンガス用のガス機器は、そのままでは互換性がありません。都市ガスとプロパンガスの性質がかなり異なるからです。例えば都市ガスは空気より軽く上に溜まるのに対して、プロパンガスは空気より重く下に溜まります。そのため警報装置の取り付け位置なども変わってきます。屋内配管もプロパン用の配管は都市ガス用のそれよりも細くなっています。都市ガスが普及している都市部に引越すにせよ、プロパンが主流の地方部に引越すにせよ、開栓の立会い時にガスの種類とガス機器が使えるかどうか確認しましょう。大抵は、ちょっとした改造部品をつけるだけで使えるようになります。ガス会社はその部品を持っていますから、ガス機器をそっくり買い換えるようなことはありません。
 

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ