全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


バイクの引越し手続き

新住所の周りをバイクで走るのは心躍る瞬間です。新たな町、新たな風景が広がります。しかし、その前にバイクを所持した引越しの注意点を考えておきましょう。

バイクの手続き自体は、自治体や陸運局で行うことが出来ますが、バイクのローンが残っている場合、状況が変わってくることがあります。というのは、ローンを払い終わっていないので、厳密な意味での所有者は信販会社ということになるからです。自身は所有者ではなく「使用者」に過ぎません。その際は、ローン会社などの印鑑が必要になることもあります。ローン会社やバイクを購入した店に事情を説明して、書類を出してもらうことが出来るでしょう。

あるいは、引越しの時にバイクが荷物に入らない…という状況も生じます。また、引越し業者の中にはバイクはオプション扱いになるところもあり、かなり割高な料金を取られることがあります。かといって、あまりに遠方への引越しとなると自走して運ぶのも限界があります。ツーリングを趣味としている方は何日もかけて自走するのも楽しそうですが、忙しい引越しの時にそんな悠長なことはできません。一つの選択肢としては、一旦バイクを売って、引越しの手間を減らすことも考えられます。日常の足であり、新住所でも必ず使うということであれば売却できませんが、趣味程度のものであれば、思い切って売ってしまうのも手かもしれません。そして新生活がある程度落ち着いたら、新しいバイクを買うのもいいのではないでしょうか。
 

全国で
一番人気の引越し複数社見積もり無料サービスはこちらです。

ヤマトなどの大手から中小業者までまとめて見積もりをもらえます。


関連記事
相場より引っ越し料金の安い引っ越し屋を探すには 相場より費用が安い引越し屋の選び方

このページの先頭へ