費用が安い引越し屋 引っ越し屋の選び方

荷物量は引越代金を左右する重要なポイントです。荷物のボリュームが少なければ少ないほど料金は安いです。引越しの見積もりをとる前に必用なくなったものは始末することをおすすめします。さらに、書籍とかブランド物のような買い取ってもらえるものは買取してもらいましょう。現在は、宅配で売却できるサービスがあって、段ボールに入れて受取人払いで発送するだけで買取査定をしてもらえます。とりわけ、ブランドの洋服は、質屋と比べても査定額が高値になっていると評判です。大勢の方が選択している宅配買取サービスはブランディアです。売った金額は引越費用の支払いに使えますし、荷物量が減るため料金も安くなります。

引っ越しの見積もりを依頼する前にそうじをするのも大切です汚い家よりも、きっちりとしている部屋の方が、荷物が少なく見えるため、見積りは低料金になりがちです。無駄な品は捨てるか、同じ場所に集めておいて、引っ越し屋にいらないものということを伝えましょう。

引っ越しで希望者の多い日程は、土日祝日の朝一番です。裏返すと、ウイークデイの午前中を除いたスケジュールは引越料金が割安になります。作業時間帯を予め指定しないコースも安い傾向にあります。また、大安の日取りを希望する方もいますが、仏滅の日取りは不人気です。換言すれば、仏滅のウィークデイの午後以降時間に決めると見積もりが割安になります。

引越し会社の見つけ方も重大です。かならず、複数の引っ越し会社に見積もりをしてもらって競わせることを心がけてください。競り合わせるかしないかで、見積もり額に大きな差が出ます。

複数の引越屋で見積もりを依頼する手間が忙しくてとれなかったり、値段交渉すること自体が面倒なといった方はネットの引越し複数社見積りを活用してください。家具などの条件を記入して送信すると、指定した数の引っ越し業者から見積もりを手に入れられます。引越し会社も複数の業者で比較されていることを知って見積りするため、いきなり割安の見積もりが示されることも少なくなく、引っ越し見積もりを少なく抑えられます。

口コミで評価の高い複数社見積りサービスは、引越し価格ガイドです。大手引っ越し業者から小規模の引っ越し業者までたくさんの業者から希望する引っ越し会社を複数選択して、見積りをすることができます。使用者も300万人以上になっています。

費用が安い引越し屋 引っ越し屋の選び方カテゴリー項目一覧

このページの先頭へ